いつき司法書士事務所 > 相続・遺言書 > 公正証書遺言の作成に必要な書類

公正証書遺言の作成に必要な書類

公正証書遺言とは、公証役場にて公証人に作成してもらう遺言書のことを指します。
公証人が関与することで、遺言書作成における不備で無効になることや紛失を防ぐことなど多くのメリットがあります。
しかし、自身で作成する遺言書と異なる点として、適切な手続きを踏まなければならないことが挙げられます。
ここでは、公正証書遺言の作成に必要な書類についてご紹介します。

 

公正証書遺言の作成に必要な書類は、大きく分けて、遺言者が関係する書類、相続人が関係する書類、財産に関係する書類の3つに分けられます。
以下では、これら3つに分けてご説明します。

 

■遺言者が関係する書類


・戸籍謄本
本籍地のある役所で取得する必要があります。

 

・印鑑証明書
作成後3ヶ月以内のものである必要があります。

 

■相続人が関係する書類


・戸籍謄本
遺言者との関係性を示す書類として必要となります。

 

・住民票
相続人に該当しない人に相続する場合は必要となります。

 

■財産に関係する書類


・固定資産税の納税通知書
役所から毎年郵送されるものです。

 

・登記事項証明書
法務局で取得する必要があります。

 

・通帳のコピーや預貯金のメモ等
預貯金や他の財産についても現在の金額がわかる書類が必要です。

 

以上が公正証書遺言に必要な書類となります。
相続のケースによって、必要書類は異なるため、公正証書遺言の作成でお困りの際は専門家に相談することをおすすめします。

 

いつき司法書士事務所では、武蔵野市、杉並区、世田谷区、三鷹市、練馬区を中心に、東京、神奈川、千葉、埼玉(西部エリア)の皆様からご相談を承っております。
相続、家族信託、会社設立、不動産登記などでお悩みの際はお気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワードKeyword

司法書士紹介Judicial scrivener

武田 一樹 (たけだ かずき)
司法書士武田 一樹 (たけだ かずき)

私の専門知識と、経験と、人脈を誠心誠意ご提供いたします。

当事務所は、不動産登記、相続・遺言、成年後見、家族信託を得意とする司法書士事務所です。司法書士は、あなたに一番身近な法律相談の窓口です。日頃の生活の中で法律と関わるときになんとなく心配になることはありませんか?お困りの際には、是非当事務所にご相談ください。私どもの専門知識と、経験と、人脈を誠心誠意ご提供いたします。

所属団体

  • 東京司法書士会(登録番号3502)
  • 公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート

経歴

  • 平成10年早稲田大学 法学部卒業
  • 平成12年司法書士試験合格
    三鷹市の司法書士事務所に勤務
  • 平成14年司法書士登録
  • 平成16年簡裁代理関係業務認定
  • 平成22年いつき司法書士事務所開業

事務所概要Office Overview

名称 いつき司法書士事務所
所在地 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-30-1 パークヴィラ吉祥寺502
TEL/FAX 0422-24-7924 / FAX:0422-24-7925
代表者 武田 一樹 (たけだ かずき)
対応時間 平日 9:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土曜・日曜・祝日(事前予約で休日も対応可能です)
事務所外観